ヘアカラーの後処理のコト



どうも です 


のむら で ございます 






季節がら植物が育つので
気分がいいです(笑)



そんなことで 

薬剤を使った仕事をさせて
頂いておりますが

薬剤を使うってコトは
少なからず髪が傷むってコトですね

ちょっと前にも後処理が大切だなんて
書いたんですけど

薬剤を使う施術の場合

前処理ってのもあってですね
中間でする中間処理なるモノも
あるワケです
その後が後処理なんですけど

僕がするのは後処理だけなんで
すけど
なんでかって言うとですね

前処理って言われるものの
ほとんどが髪を保護するモノなので
傷んでいる髪に施術をするコトが
前提になってます

なので
カラーをする時だったりパーマだったり
はたまた縮毛矯正だったり

まずは傷まないような施術方法を
僕は考えるんですけど
例えば
ヘアカラーだとか白髪染めだったら
どちらも染める仕組みは同じなので
リタッチ(根元染め)ですね

縮毛矯正も同じで
前回の縮毛矯正で毛先が
ウェーブバックせずに
伸びているのであれば
これもリタッチで矯正(根元矯正)です

話がそれてきちゃってるんですけど

前処理とはその後付ける
ヘアカラーとかパーマとかの薬剤を
保護するという言い方を変えれば
薄めてしまったり 過剰に保護したり
しかねないんですね
そうすると 薬剤の選定が
難しくなります

そうすると
保護が理由で逆に・・
染まりにくかったり
かかりにくかったり
伸びにくくなったり・・

そうなっちゃうと
こんどは強い薬剤を使うコトに
なっていってしまって・・

いくら前処理で保護したからって
言ったって強い薬剤を使うんじゃ・・
なんか意味ないっていうか・・
なんて言うか・・
傷むっていうか・・

だから
僕はメインの薬剤の方を
強くしたり 弱くしたりで
ダメージが少なくなるように考える
んです その方がシンプルで分かり
やすいし!

中間処理も同じような考えで
これは特にパーマの話なんですけどね
パーマってかけたコトある方は
ご存知だと思うんですけど
2種類の薬剤を順番に付けるんですね

それで中間処理って言うのは1剤と
2剤の中間に付けるモノなんですけど
これからまだ2剤の塗布が残ってるのに
中間処理しちゃったら2剤の反応が
鈍るんじゃないかとシンプルに思うんです
これを考えるのは薬剤を作る人たちなんで
僕なんかが言えるレベルでは
ないのかもしれないんですけどね(汗)

そこにきてですね
後処理って分かりやすいんです

カラーとかパーマとか縮毛矯正などの
施術をすると髪に残留すると言われる
過酸化水素だったりアルカリ

「髪に残留した過酸化水素やアルカリはカラーの
退色や減色の原因になりタンパク変性が 起きやすい
状態になってしまいます」

こんなふうに言われる
そんなやつらを除去するもの

それが 後処理剤です(笑)

残らなくていいモノは残さない方が
良いですもんね

下手にトリートメントなんかするより
よっぽどいいんじゃないかな~
なんて思ったりもします

しばらく探してたんですけど
使ってみたいと思えるものがあったので
今後はカラーとかパーマの後に
無断で勝手にやりますね(笑)

意気って書きましたけど
後処理は当たり前のコトなんで
あなたの綺麗な髪の為に
頑張ります(笑)


ではでは~♫



f0207943_11421027.jpg




美容室 ぱ~せぷしょん

館林市美園町23-25-101

TEL0276-72-0381

9:00~19:00

休日 月曜日・第三火曜日

※祝祭日の場合は振り替えます
急な変更や臨時休業も稀にあります
その際は ご理解いただけますよう
お願い申し上げます。

Cut      ¥3500~
Cut+Coler  ¥8500~
Cut+Henna  ¥9000~
Perm     ¥9000~
※すべてシャンプーブロー込の金額になります。
※長さの料金が別途かかる場合があります¥500~








[PR]
by perception2008 | 2018-03-22 08:08 | 髪の傷みのコト | Comments(0)

館林市美園町 髪の傷みに拘る美容師による お一人様専用美容室です パーセプションでの出来事を 僕だけの言葉と写真で綴っていきたいと思います よろしくお願いします


by perception
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30